ワキガと遺伝の関係について

ワキガと遺伝の関係をお探しの方へ

 

ワキガは遺伝するのか?

はい、残念ながら、ワキガは遺伝します。

でも、そのことを踏まえてもう一歩踏み込んだワキガ対策の話を説明したいと思います。

 

「自分の親がワキガだと自分もワキガになるのだろうか?」
「ワタシはワキガで悩んでいます。もし、ワタシが子供を産んだら、子供もワキガになるのでしょうか?」
そのように考えて、ワキガと遺伝との関係を調べている方がいらっしゃると思います。

遺伝する体質には、優性遺伝と劣性遺伝とがあります。

優性遺伝とは、「遺伝する可能性が高い性質」「遺伝しやすい性質」を言います。

そして、「ワキガ」は優性遺伝に分類されています。

ワキガが遺伝する確率

ワキガが遺伝する確率もわかっています。

  1. 片親がワキガの場合:およそ50%
  2. 両親がともにワキガの場合:およそ75%から80%
  3. 両親ともにワキガではない場合:祖父母がワキガであれば隔世遺伝する可能性があります。
ですが!100%ではありません。

親族がワキガではない場合

親族がワキガではない場合でもアポクリン汗腺からの分泌量が比較的多いとワキガになる可能性が高くなります。
また、神経質でストレスを溜めやすい親だと子供がワキガになリやすくなります。

ワキガが発現する年齢

ワキガが発現する年齢は、人によりかなり個人差があります。
思春期からという場合もあれば、もっと子供の頃からという場合もあります。

TOPページでは、成分から選んだワキガ対策クリームのおすすめを紹介中!
詳しくは、こちらをクリック⇒ワキガ対策クリームランキング