ワキガの原因とアポクリン汗腺について

ワキガの原因をお探しの方へ
貴方はワキガの原因について、どの程度調べたでしょう。
汗をかくからワキガの臭いがすると考えているでしょうか。
ここで、ワキガの原因は汗なのか、お教えします。

 

 

ワキガの原因 Q&A

ワキガの原因について一問一答形式でまとめてみました。

Q1 汗は臭うのでしょうか。

汗そのものには臭いはほとんどありません。
汗の成分が酸化したり、皮膚に潜んでいる細菌が分解することで臭いが生じているのです。

Q2 汗はどこから出ているのでしょうか。

汗が出る部位は大別すると3箇所に分かれます。それぞれを

  1. エクリン汗腺
  2. アポクリン汗腺
  3. 皮脂腺

と呼びます。

Q3 エクリン汗腺とは?

エクリン汗腺はどのような時に出るでしょうか。

エクリン汗腺から出る汗は、暑い時やスポーツをした時に出てきます。

エクリン汗腺の役割

体温を調節する役割があります。

エクリン汗腺の分布部位

全身くまなく分布しています。

エクリン汗腺の成分

エクリン汗腺の成分は、ほとんどが水分です。

エクリン汗腺はワキガに関係がありますか。

いいえ、ワキガとは関係がありません。無色無臭です。

Q4 アポクリン汗腺とは?

アポクリン汗腺はどのような時に出るでしょうか。

緊張した時、興奮した時などに発汗し、精神的発汗とよばれる作用です。

アポクリン汗腺の分布部位

アポクリン汗腺は、脇の下以外に乳首の周辺、肛門周辺、まぶたのフチ・耳の奥・ヘソのまわりなどに分布しています。
皮膚表面には毛穴を通って出てきます。

アポクリン汗腺の成分

脂質・蛋白質・糖分・アンモニアなどを含んでいます。
色は乳白色で、時に黄色や赤みを帯びていることがあります。

アポクリン汗腺はワキガと関係がありますか。

はい、ワキガの臭いはアポクリン汗腺から出る汗が主原因です。
分泌直後は無臭ですが、時間が経過するにつれて臭いを発するようになります。

Q5 皮脂腺とは?

皮脂腺ってなんですか。

皮脂腺とは、皮脂を分泌するところです。

皮脂の役割

皮脂は、肌や髪の毛の潤いを保ち、さまざまな外的要因からカラダを保護する分泌物です。

皮脂腺の分布部位

全身の全ての毛穴に分布しています。

皮脂線はワキガと関係がありますか。

はい、間接的に関係があります。
皮脂腺の働きが活発になリ、皮脂が過剰に分泌されるとニキビや吹き出物の原因となリます。
皮脂の中には脂肪酸が多く含まれており、酸化するとニオイの原因となリます。
このため、アポクリン汗腺から分泌される汗と混ざることで、より臭いが強くなります。

ワキガの原因のまとめ

アポクリン汗腺は、分泌直後には臭いません。
しかし、ワキの下に潜む細菌、ブドウ球菌や陰性桿菌が汗の成分の一つである脂質を酸化・分解してしまいます。
その結果、アンモニア、インドールなど臭いの原因物質が生成され、臭いの元となります。
汗が出てから1時間ほど経過すると汗の原因物質が生成され、臭いを発するようになります。

TOPページでは、成分から選んだワキガ対策クリームのおすすめを紹介中!
詳しくは、こちらをクリック⇒ワキガ対策クリームランキング